FX取引の初心者から中級者向け手法について

FX取引の初心者から中級者向け手法については、ロスカットのための逆指値のストップを置かないという手法があります。

一般的にFX取引の場合、うまくロスカットができることが上達への早道とされていますが、初心者やまだ取引歴が短い投資家にとっては、ロスカットのポイントをどのあたりに置くのかということは、非常に難しい問題です。

あまり幅が狭いと、すぐにロスカットがヒットしてしまい、損失が累計して膨らんでしまいますし、逆に幅が広すぎると1回で大きな損失になってしまう可能性もあります。

このような悩みを解消するためには、思い切ってロスカットの逆指値を置かないという手法がある程度は有効です。FX取引の場合、一方向に長期間相場が進み続けることはまず少ないですから、ある程度時間の余裕を持って考えれば、一度逆方向に振れてしまった指値注文であっても、いつかはそのポイントに相場が戻ってくる可能性が高いため、結果的に損失を回避することができます。