ライフスタイル

FX取り引きを始める際には、自分自身のライフスタイルによって、どの取引市場において取り引きを行うのか、どのようなタイプのFX取り引きを行うのかを決定する事になります。

外国為替市場は、日本にある東京外国為替市場だけではありません。アメリカドル・日本円という通貨ペアで取り引きを行う場合には、日本円が関係している東京外国為替市場がオープンしている時間帯に取り引きを行う事ができますが、アメリカドル・ユーロなどのように、日本円が関係していない外国通貨ペアの場合には、アメリカドルを発行しているアメリカのニューヨーク外国為替取引所がオープンしている時間帯、もしくはユーロを発行しているヨーロッパ市場がオープンしている時間帯に取り引きを行う事になります。

ヨーロッパ市場がオープンするのは日本時間にするとちょうど夕食の時間当たり。忙しいサラリーマンや残業が多い方などにとっては、なかなか落ち着いてパソコンの前に座る事ができる時間帯ではありません。主婦にとっても、この時間帯は一日の中でも最もバタバタする時間帯ですから、パソコンの前に毎日スタンバイできる方は、それほど多くはないのではないでしょうか。

アメリカ市場の場合はどうでしょう?ニューヨーク市場がオープンするのは、日本時間にしてちょうど就寝時間になります。午後の10時もしくは11時あたりですから、この時間ならパソコンの前に毎日座る事ができる、という方も多いようです。